会社概要

会社概要

名 称 アニマル ジェネティックス ジャパン株式会社
略 称 AG Japan
所在地 本社:
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1504-224
TEL 059(233)1624 FAX 059(233)1655
鈴鹿リサーチファーム:
〒519-0271 三重県鈴鹿市西庄内町4520
TEL 059(371)6010 FAX 059(371)6011
北海道支店:
〒080-0861 北海道帯広市南の森東4丁目3番地9
TEL 0155(67)6961 FAX 0155(67)6962
代表者 代表取締役社長 長宗 康夫
設  立 平成9年3月26日
資本金 1,600万円
従業員数 6名
取引銀行 三重銀行 津支店 普通 2768376
百五銀行 津駅西口支店 普通 216737
UFJ銀行 津支店 普通 1294418
事業内容 1.動物改良増殖に伴う精液、受精卵等の製造販売
2.飼料添加物、畜産器材の販売
3.動物飼育に関する施設の建設、運営管理、繁殖管理、コンサルタント
販売先 中部近畿地区の各種農業協同組合及び市町村役場
全国大手畜産業者
全国農業協同組合連合会(JA全農)
各畜産関連卸販売業者
各人工授精所
特  色

1:家畜の改良に貢献できるよう優良な精液・受精卵を供給いていく。

和牛:民間人工授精所とのネットワークを構築し、優良和牛精液の情報提供および供給を行う。
乳牛:海外優良精液の輸入・販売を行う。
家畜人工授精所 三重県第2098号

  • 家畜繁殖を中心に農家のためになる器具・器材や飼料添加物の販売。
  • 優良商品の輸入・開発・製造を行い、ユーザーとの相互情報ネットワークの構築を目指す。
  • ホームページ、インターネットショップの開設等、リアルタイムな情報発信を行う。
  • インターネット以外としてAGJ通信による情報発信を行う。

沿革

平成  9年 3月 会社設立。(資本金1,000万円)
三重県津市の本社にて、家畜(乳牛)の凍結精液の販売を行う。
(家畜人工授精所 三重県第2098号)
平成12年 5月 家畜人工授精所(鈴鹿ファーム人工授精所)を開設。(家畜人工授精所 三重県第3171号)
平成12年 6月 資本金を1,600万円に増資。
平成14年 4月 アメリカ「テイラーウォートン」社と液体窒素凍結保存容器の代理店契約を締結。
平成15年12月 BOSインダストリー社「牛整形外科副木BOS」の輸入・販売開始
平成16年10月 家畜精液輸入協議会(SIC)に入会。
平成16年10月 カナダの人工授精所「Universal Genetics Corp.Ltd」と牛凍結精液の代理店契約を締結。
平成16年12月 アメリカの人工授精所「Excalibur Sires」と牛凍結精液の代理店契約を締結
平成17年 7月 アメリカの人工授精所「International Protein Sires」と牛凍結精液の代理店契約を締結
平成17年 8月 株式会社グローバルジェネティクスと売買基本契約を締結
株式会社ホクレン通商と売買基本契約を締結
平成18年12月 社団法人家畜改良事業団と輸入家畜精液の売買基本契約を締結。
平成19年 3月 西庄内町堆肥利用組合を設立。
平成19年 4月 酪農とちぎ農業協同組合・神奈川県酪農業協同組合連合会と売買基本契約を締結。
平成19年 5月 アメリカの人工授精所「ニュージェネレーションジェネティクス」と牛凍結精液の代理店契約を締結。
平成19年 6月 全国農業協同組合連合会ETセンターと家畜人工授精用凍結精液売買契約を締結。
平成21年11月 アメリカ「チャート」社と液体窒素凍結保存容器の代理店契約を締結。
平成23年 8月 新社屋完成。